ガル離婚相談室

離婚調停の知識

 

調停には本人から話を聞くことが義務付けられている為、原則として当事者が出頭しなければなりません。
場合によって弁護士を代理人に立てることも出来ますが離婚成立が決定するときは本人が出頭しなければなりません。
弁護士とともに出頭することも出来ます。

年代別離婚者数グラフ

調停を申し立てた側が出頭するのは当然ですが、相手方が出頭を拒否した場合は調査官が事情を調べ、正当な理由が無ければ出頭を勧告します。
殆どはこれで出頭しますが、それでも出頭しなければ5万円以下の科料が課せられます。しかしなおも出頭しない場合は調停不成立となり、離婚の訴訟を起こせます。

また調停では自らの主張のみを話すのではなく、冷静に調停員の話を聞きながら答えることがよいでしょう。事前に弁護士と打合せをしておくと良いと思います。
この時に相手側が調査の事を知らないと「浮気はしていない。」と主張すると思われますので、その為にも出来る限り相手に情報を与えないほうが懸命です。

 

調停離婚の数:年々増加傾向にあります。
25年間で倍に膨れています。

以下は調査を行い、不貞の証拠が取れた依頼者から頂いたメールです。(一部内容を変更しております)

 

○○様 ご無沙汰しております。

主人とは離婚調停、相手の女性は裁判という形になりました。 ○月○日に一回目の調停があり、その時には話がまとまらなかったのですが、○月○日に二回目の調停で調停成立となり、今、離婚届に必要な書類の準備をしているところです。

相手方の女性は、○月○日に一回目の裁判で和解を求めてきているとのことでしたが、こちらの二回目の調停が終わってからと言うことで保留にしていました。 弁護士と相談した結果、こちらで調停成立したので、もうこれ以上長引かせないためにも和解には応じることにしましたが、相手が主人と知り合った時に、主人が妻帯者であると言うことを知らなかったと嘘をついていたので、それだけは納得がいかないと伝えてもらうようにしました。

○月○日に女性の裁判がもう一度あり、そこで和解して終わりと言うことになりそうです。

上記の亜紀子(仮名)さんの場合は探偵に浮気調査を依頼し、その証拠を持って弁護士に依頼、スムーズに解決出来たのも、本人が勇気のある決断出来たからといえます。

浮気が原因で離婚をせざるを得ない場合、男女に関係なく多くの人が精神的にも本当に、大変な日々を送られることになります。 信じていた人の浮気の悩み、離婚の苦痛をなんとか乗り越えて行かなければなりません。

世の中には「夫が女を作って逃げた。生活費もそのまま入らず苦しい思いをしている。」と聞くことがあります 。 浮気を早めに察知し、事実を確認し、証拠をしっかりと掴んで法律によって責任を請求する。 大変勇気が必要な行為ですが、期待する結果に向けて最善のご協力をお約束いたします。

 

無料お問い合わせ 0120-766-023
無料相談はこちらから

コンテンツ

アクセス


大きな地図で見る

〒564-0052
大阪府吹田市広芝町7番26号
米澤ビル第6江坂 305号室

ページトップへ